青森のニュース

え!ほんと?クマと思ったらタヌキ

 ◇…青森県南部町で今月16日、体長約20センチの「子グマ」2匹が見つかり、町が引き取りを動物園などに照会していたところ、27日にタヌキの幼獣と分かった。
 ◇…発見の1週間後に動物園関係者らが「タヌキの幼獣のようですね」「ほぼタヌキだろう」と指摘。専門家が「タヌキ」と断定し、決着した。幼獣はクマと間違えやすいらしい。
 ◇…2匹は発見者の住民宅で一時預かり、森に返すという。クマの目撃が全国で相次ぐ中、町職員は「クマだと思い込んでました」。すっかりだまされた?(八戸)


関連ページ: 青森 社会

2016年06月28日火曜日


先頭に戻る