広域のニュース

<参院選山形>知事、候補者の応援「熟慮中」

参院選の対応を質問され、苦渋の表情を浮かべる吉村知事

 吉村美栄子山形県知事は27日の定例記者会見で、参院選(7月10日投開票)の山形選挙区(改選数1)への対応について「依然、熟慮中で対応を決めかねている」と述べた。
 山形選挙区は自民新人の月野薫氏(61)=公明推薦=、無所属元議員の舟山康江氏(50)=民進・社民推薦=の事実上の一騎打ち。
 吉村知事は決断できない理由の一つに、2013年1月の前回知事選で自民党が対立候補擁立を見送り、自らが再選を果たしたことを挙げ、「任期を重ねるごとにいろいろな方から応援を受けており簡単に決められない」と苦渋の表情を浮かべた。
 前回の13年参院選では、当時、みどりの風現職だった舟山氏を支援した。
 山形選挙区にはほかに幸福実現党新人の城取良太氏(39)も立候補している。


2016年06月28日火曜日


先頭に戻る