宮城のニュース

がん検診結果 気仙沼市が8人分誤送付

 宮城県気仙沼市は28日、5月に実施した大腸がん検診の結果通知書8人分を、別の住民に誤送付したと発表した。市によると、業務委託先の県対がん協会が通知書を印刷した際に宛名がずれたことが原因。通知書には名前と生年月日、検診結果(全て陰性)が掲載されていた。
 協会や住民からの連絡で24日に誤送付を確認。25日までに回収し、既に配達されていた21人分のうち8人分に誤りがあった。市が調べた結果、通知書2178人分のうち397人分で宛名が間違っていた。
 市は7月4日に正しい通知書を送付する予定。菅原茂市長は「心よりおわびする。再発防止に万全を期したい」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月29日水曜日


先頭に戻る