宮城のニュース

雇用ルール啓発へ拠点 仙台に相談センター

雇用ルールの周知徹底を目指して設置された仙台市雇用労働相談センター

 起業予定や起業後間もない企業の使用者や労働者が雇用ルールについて弁護士や社会保険労務士に無料相談できる「仙台市雇用労働相談センター」が28日、青葉区のアエル7階「アシ☆スタ交流サロン」内にオープンした。
 NPO法人やベンチャー企業の設立を促すため、雇用ルールの周知徹底や労働紛争の未然防止が必要だとして、国が国家戦略特区法に基づき全国で6番目に設置。開所式で、内閣府地方創生推進事務局の藤原豊審議官は「6カ所のうち仙台が一番立地がいい。集客効果が大きいと期待している」と述べた。
 弁護士や社会保険労務士計約40人が登録しており、窓口や電話で相談に応じる。イベントでの出張相談やセミナー開催も企画する。受付時間は平日午前9時〜午後5時。連絡先は同センター070(3811)9119、9120。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年06月29日水曜日


先頭に戻る