青森のニュース

<原燃>純利益が大幅減 15年度決算

 日本原燃は28日、2015年度決算を発表した。使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の新規制基準への対応費用を電力各社からの委託料金に上乗せしたため売上高は増加。各種引当金が費用と見なされたことで法人税などがかさみ、純利益は大幅減となった。
 売上高は前年度比45億100万円増の2954億4800万円。経常利益は3億2800万円増の26億6000万円。純利益は5億8600万円減の1億2700万円だった。
 新規制基準に対応するための工場建屋の維持管理費を盛り込んだ修繕費などで売上原価は約40億円増えた。


関連ページ: 青森 経済

2016年06月29日水曜日


先頭に戻る