岩手のニュース

<参院選岩手>野党4党首ら盛岡で気勢

野党統一候補の応援に駆け付けた(左から)又市氏、志位氏、安住氏。右端は小沢氏=28日正午すぎ、盛岡市内丸

 野党4党の党首らが28日、参院選の応援で盛岡市に入り、岩手県庁前で街頭演説した。民進党の安住淳国対委員長(衆院宮城5区)、共産党の志位和夫委員長、社民党の又市征治幹事長、生活の党の小沢一郎代表(衆院岩手4区)がそろい、岩手選挙区(改選数1)に立候補した野党統一候補への支持を訴えた。
 安住氏は、民主党政権で財務相として取り組んだ復興法人税が安倍政権で廃止されたことを挙げ「大企業優先の政治の表れで、憤慨している。岩手から東京に攻め上り、不正義がまかり通る復興をやめさせよう」と呼び掛けた。
 志位氏は「貧困と格差が広がったアベノミクス不況を止める」と強調。安倍政権の憲法観に触れ「改憲の本丸は憲法9条。ここに大争点がある。野党は安倍首相の下での改憲は許さないという点で、固く結束している」と述べた。
 又市氏も「アベノミクスは道半ばと言うが、間違った道だからだ。消費税増税の先送りで失敗を認めた」と批判。「安全保障関連法を廃止に追い込み、憲法を無視したむちゃくちゃな安倍政治にストップをかける」と述べた。
 小沢氏は「安倍政権を退陣に追い込む戦いだ」と指摘。野党各党が達増拓也知事を支援した昨夏の知事選を振り返り「岩手は全国の野党共闘のきっかけを生んだ地。岩手の圧倒的な勝利で政権交代への流れをつくろう」と訴えた。
 達増知事も並んで立ち「岩手を守ることと立憲主義を守ることは一つ。最後まで一緒に戦う」と語った。
 各党支持者や統一候補を支援する市民団体など約2000人が聞き入った。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年06月29日水曜日


先頭に戻る