福島のニュース

不動産賃貸「テンレジャー」破産申請を準備

 不動産賃貸業のテンレジャーサービス(郡山市)は28日までに事業を停止し、破産申請の準備に入った。東京商工リサーチ郡山支店によると、負債総額は約16億9200万円。
 同支店によると、テンレジャー社は1980年にゲーム機器販売などを目的に東京都内で設立され、ピーク時の2006年7月期には16億円の売上高を計上した。家庭用ゲーム機や携帯ゲームメーカーの台頭などで売り上げが落ち込み、赤字に転落。その後は不動産賃貸事業を中心に展開していた。


関連ページ: 福島 経済

2016年06月29日水曜日


先頭に戻る