福島のニュース

<最終処分場>立ち入り調査容認 環境省と協定

 東京電力福島第1原発事故に伴い福島県内で発生した指定廃棄物を同県富岡町の最終処分場に埋め立てる計画で、環境省は28日、県と富岡町、搬入路のある楢葉町と安全協定を結んだと発表した。締結は27日付。
 協定によると、県と両町、両町議会は環境省への事前通告を前提に、処分場敷地内や周辺地域に立ち入り調査できる。地元住民や有識者らで構成する委員会を設け、廃棄物の処分状況を監視し、安全確保に向けた助言を行うことも協定に盛り込んだ。
 環境省は準備工事を進め、両町の地元行政区とも協定を結んだ上で廃棄物搬入を始める予定。ただ搬入口の楢葉町の行政区は反対の姿勢を示している。
 締結を受けて宮本皓一富岡町長は「協定の約束事を、国に守っていただくことに尽きる」と強調。松本幸英楢葉町長は「施設の安全性を住民に理解してもらうのは国の義務。しっかりと説明責任を果たしてほしい」と語り、国と行政区との協定締結に向け、町が間に入る意向を示した。
 丸川珠代環境相は28日の閣議後の記者会見で「安全安心の確保に万全を期すとともに、地域住民の不安や懸念を解消するよう努力する」と述べた。


関連ページ: 福島 社会

2016年06月29日水曜日


先頭に戻る