福島のニュース

<福島第1>遮水壁冷却 停電で一部設備停止

 東京電力は28日、福島第1原発構内で停電が発生し、セシウム吸着装置や凍土遮水壁の一部冷却設備の運転が停止したと発表した。
 東電によると、同日午前3時40分ごろ、電源設備の警報が作動。電源盤1カ所でブレーカーが落ちているのが確認された。
 冷却設備などへの通電は再開したが、構内道路の信号機など一部で停電が続いている。東電は復旧作業を行いながら原因を調べている。


関連ページ: 福島 社会

2016年06月29日水曜日


先頭に戻る