宮城のニュース

<仙石東北ライン>女川乗り入れ8月6日

仙石東北ラインの車両=2016年5月29日、JR石巻駅

 JR東日本仙台支社は29日、仙台−石巻(宮城県石巻市)間を結ぶ「仙石東北ライン」について、8月6日から石巻線に乗り入れ、女川駅(宮城県女川町)まで延長運転を始めると発表した。1日1往復。
 上りは女川を午前6時5分に発車し、仙台午前7時35分着。下りは仙台を午後8時23分に発車し、女川午後10時18分着。これまで女川から始発電車に乗ると仙台着が午前8時15分だったが、40分早く仙台に着く。仙台支社の松木茂支社長は「より早く仙台に到着するので通勤通学に便利になる」と説明した。
 仙石東北ラインは昨年5月30日に仙台−石巻間を最短52分で結ぶ快速路線として開業。地元自治体から女川までの延長運転を求める声が上がっていた。
 亀山紘石巻市長は「乗り換えの負担解消で市東部の通勤通学の利便性が向上し、地域への定住促進に一層の弾みがつく」とのコメントを出した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年06月30日木曜日


先頭に戻る