宮城のニュース

<楽天>内田とオコエ 若武者躍動

6回東北楽天無死、内田が左越えに勝ち越しソロを放つ
9回東北楽天無死、右前の当たりで二塁を陥れるオコエ

 沖縄の暑さにも負けず、打って、走って勝利をけん引したのは21歳内田靖人、18歳オコエ瑠偉の若武者2人だった。
 一回に3点を奪って先手を取るも、じりじりと反撃を食らい、3−3で迎えた六回。内田が貴重な勝ち越し弾で流れを引き戻した。
 真ん中高めの速球を振り抜いた白球は放物線を描いて左翼席へ。前の打席でバットを一度も振ることなく見逃し三振した反省を胸に「消極的な打撃だけはしないように、初球を積極的に打った」。1軍残留の瀬戸際の立場にあり「打てないとチャンスをもらえなくなる」と必死だった。
 オコエは九回、自慢の脚力で得点機を築き、救援陣を後押しする5点目をもたらした。
 先頭で立った打席、フルカウントから真ん中低めの速球を右前へ運んだ。ここで平凡な単打に終わらせないのが真骨頂。「いけると思って狙った」と迷わず一塁を回り、二塁を陥れた。続く岡島豪郎の中前打で生還し5−3に。登板直前の守護神松井裕に「ありがとう」と感謝される貴重な1点となった。
 「大きな働きをしたね」。梨田昌孝監督も2人の活躍に目を細めた。(金野正之)


2016年06月30日木曜日


先頭に戻る