青森のニュース

<みちのく銀>パパママ行員応援 保育所開設

テープカットで保育施設の開所を祝う関係者

 みちのく銀行(青森市)は7月1日、本店隣接地に事業所内保育施設「みちぎんドリームキッズはうす」を開所する。当面は0〜3歳の最大10人を預かる。
 駐車場だった約610平方メートルの敷地に木造平屋の建物と園庭を設けた。運営時間は銀行営業日の午前7時半〜午後6時で、午後8時まで延長できる。保育士は4人。料金は青森市内の認可保育所と同水準に設定した。関連会社社員やパート勤務も利用可能。
 同行は現在2割強の女性管理職を2020年度末に3割に増やす目標を掲げる。現地で27日、開所式があり、高田邦洋頭取は「男女を問わず、多様な働き方の実現に向け大いに利用してほしい」と話した。
 東北の地銀では荘内銀行(鶴岡市)、北都銀行(秋田市)、東邦銀行が事業所内保育施設を設けている。


関連ページ: 青森 経済

2016年06月30日木曜日


先頭に戻る