福島のニュース

<炉心溶融隠蔽>東電、大熊と双葉両町に陳謝

炉心溶融隠蔽問題で陳謝する東電福島復興本社の石崎代表(前列左から2人目)ら=会津若松市の大熊町仮役場

 東京電力福島第1原発の炉心溶融(メルトダウン)隠蔽(いんぺい)問題で、東電は29日、幹部が第1原発立地自治体の福島県大熊、双葉両町の仮役場を訪れ陳謝した。両町からは「体質改善が必要だ」と厳しい指摘が出た。
 会津若松市の大熊町仮役場では、福島復興本社の石崎芳行代表が町議会全員協議会に出席。「正しい情報が伝わらず、申し訳ない。二度とないよう新しい体制で取り組む」と謝罪した。
 非公開の会議では、議員から「以前もトラブル隠しや情報隠しがあった。体質が問題」「教育を徹底すべきだ」などの意見が出た。
 町執行部にも説明があり、渡辺利綱町長は「隠蔽はあってはならない。廃炉や汚染水対策など重要な問題を抱えており、襟を正してほしい」と注文した。
 いわき市の双葉町仮役場には、福島復興本社の新妻常正副代表が訪問した。
 伊沢史朗町長は「事故当時、炉心溶融との情報があれば避難の対応も違った。非常に遺憾で、立地町として強く反省を求める」と述べ、社内風土の改革を求めた。終了後、報道陣に「避難の早さなどが違えば、被ばくを軽減できた可能性もある」と指摘した。


2016年06月30日木曜日


先頭に戻る