宮城のニュース

<船形コロニー>障害福祉の拠点化目指す

現地での建て替え方針がまとまった船形コロニー=宮城県大和町

 宮城県は30日、1973年建築で老朽化が進む知的障害者施設「船形コロニー」(宮城県大和町)について、現地建て替えを柱とする整備基本構想をまとめた。入所者が生活しやすい環境を整えるとともに、地域で暮らす障害者やそれを受け入れる民間施設を支援する機能などを備え、障害福祉の拠点化を目指す。
 居住棟3棟のうち1棟の大規模改修を含む2棟を建て替え、いずれもバリアフリー化する。居間や浴室などを共有するユニット形式で1ユニット10室程度とし、プライバシー確保のため基本的に個室とする。
 240室を整備し、既存の居室と合わせて計300室とし、一般家庭での暮らしに近い雰囲気づくりを目指す。活動棟や作業棟、事務管理棟などは建て替え、体育館も大規模改修する。
 現時点での概算事業費は約87億円を見込む。2017年度に基本設計を実施し、19年度から段階的に建設に着手。20年度に一部利用を開始し、23年度の全面利用を計画している。
 構想では利用者主体の障害福祉サービスの提供を基本理念に掲げた。生活の質を向上させて高齢化や障害の重度化にも対応し、安全で快適に暮らせる施設として整備を図る。
 地域に暮らす障害者のため、就労の機会と生産活動の提供、一時受け入れや情報発信、災害時支援も担い、地域や関係機関との連携を強化する。
 大和町吉田にあるコロニーの敷地面積は47ヘクタール。居住棟や体育館、作業棟などを備えるが、最も古い建物は築40年を経過。バリアフリー化に対応しておらず、老朽化のため定員300人に対して受け入れできるのは210人だった。
 コロニーを巡っては02年、運営する県福祉事業団(現県社会福祉協議会)が入所者を地域生活に移行させようと解体方針を表明。浅野史郎前知事も04年に県内全ての知的障害者施設の閉鎖を目指す「施設解体宣言」をしたが、06年に村井嘉浩知事がコロニー解体を撤回した経緯がある。
 県は地域生活移行に向けたグループホーム整備へ助成する一方、高齢化や障害重度化から地域生活が困難な障害者のためのセーフティーネットとして入所施設が必要と判断。船形コロニーを県全体の障害者施設の拠点として、支援・連携体制を拡充する方針だ。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月01日金曜日


先頭に戻る