宮城のニュース

<安保法>石破氏「戦争法でない」

街頭演説する石破氏=30日午後2時10分ごろ、宮城県利府町

 石破茂地方創生担当相は30日、宮城県多賀城市、利府町など宮城県内9カ所で街頭演説し、野党が廃止を訴える安全保障関連法について「集団的自衛権は国連憲章で認められており、断じて戦争法ではない。野党が言っていることはほとんどうそだ」と批判した。
 地方創生の取り組みについては、「公共事業と企業誘致だけでは所得は上向かない。労働人口を増やすためには、女性と高齢者が働きやすい環境づくりが不可欠だ」と強調した。
 環太平洋連携協定(TPP)にも触れ、「守るだけの農業ではいけない。田畑を守るには、農産物を世界に売り込んでいくしかない」と力説した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月01日金曜日


先頭に戻る