青森のニュース

就農者給付金で処理ミス 弘前市

 弘前市は30日、2013年度の青年就農給付金事務で確認漏れがあり、2受給者に計68万7500円の返還を求めることになったと発表した。市農業政策課によると、同給付金は雇用保険の失業給付との重複が認められないが、担当者が申請時に申告があったのを失念し、それぞれ56万2500円と12万5000円が重複受給となった。今年5月の会計検査で発覚し、対象者に通知して謝罪、返還の了承を得たという。


関連ページ: 青森 社会

2016年07月01日金曜日


先頭に戻る