宮城のニュース

<仙台パルコ>新館オープン 500人の行列

オープンを待ちわびた多くの買い物客でにぎわう仙台パルコ2=1日午前10時15分ごろ

 パルコ(東京)の新しいファッションビル「仙台パルコ2」が1日、仙台市青葉区のJR仙台駅西口にオープンした。ペデストリアンデッキと直結する2階正面入り口には開店前、約500人の行列ができた。駅からのアクセスの良さもあり、多くの買い物客で終日にぎわった。
 パルコ2は地上9階、地下2階で延べ床面積は約2万5000平方メートル。1〜5階に衣料品や雑貨など東北初出店の38店を含む84店が入店。6〜9階にTOHOシネマズ(東京)が運営するシネマコンプレックス(複合型映画館)が入る。
 妹と一緒に訪れた仙台市青葉区のアルバイト鈴木里実さん(29)はバッグ店に向かった。「東北で初めての店なので楽しみにしていた。駅前に来る楽しみが増えた」と笑顔を見せた。
 駅西口での大型映画館の営業は2006年以来となる。塩釜市の女性会社員(56)は「大作の映画を見に行く場合、郊外のシネコンに出向く必要があったが、職場に近い駅前に復活してうれしい」と歓迎した。
 パルコ2は、2008年8月オープンの仙台パルコに続く店舗。30代以上を主なターゲットに、年間売り上げ約70億円を目指す。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月02日土曜日


先頭に戻る