宮城のニュース

<楽天>則本力投 8勝目

松井裕(左)と笑顔で喜ぶ則本(中央)=コボスタ宮城

 東北楽天が逆転勝ち。0−2の六回無死満塁から、銀次が右翼線へ3点二塁打を放った。先発則本は7回2失点の力投で8勝目。三回にけん制悪送球と栗山の適時打で2点を失ったが、その後は踏ん張った。八回はミコライオ、九回は松井裕がリードを守り抜いた。
 西武は今季2度目の5連敗。七回無死一、三塁の好機を生かせなかった。

 東北楽天−西武12回戦(楽天6勝5敗1分け、18時、楽天Koboスタジアム宮城、17,265人)

西  武002000000=2
東北楽天00000300×=3
(勝)則本15試合8勝4敗
(S)松井裕33試合3敗17S
(敗)高橋光10試合3勝4敗

☆梨田の話ダ

 <足立は成長した>「捕手出身からみても難しい、ワンバウンドの球を何度も止めた。一つぐらい、そらしてもおかしくなかった。投手は安心して投げられる。成長した」(則本のフォークボールを体で止め続けた足立に)

☆イヌワシろっかーるーむ

 <真喜志康永内野守備走塁コーチ(六回に銀次の右翼線への二塁打で一走ウィーラーが生還)>「右翼手が右中間寄りの守備位置だった。中継に入る二塁浅村の肩も考え、(三塁ベースコーチとして)本塁へ行けると思って腕を回した」


2016年07月02日土曜日


先頭に戻る