宮城のニュース

<ベガルタ>富田、ボールも白星も奪う

ハモンロペス(中央)からボールを奪おうとする富田(左)

 仙台の第2ステージ初戦は第1ステージの対戦でチーム復調のきっかけをつかんだ川崎が相手だ。前回、先制点を奪った主将富田は「勢いに乗るため、ホームで勝ち点3を取る」と闘争心を新たにする。
 チーム随一のボール奪取能力を持つボランチ。前線から相手に圧力をかけて高い位置から攻めに転じる現在の戦術には欠かせない存在だ。昨季はリーグ全試合にフル出場しただけに、前週の第1ステージ最終節磐田戦で今季初めて負傷欠場し「出られなかった悔しさがある。チームが勝つためにプレーしたい」と言う。
 第1ステージ第10節の川崎戦では前線に詰め、野沢のパスを受けて頭で決めた。「拓さん(野沢)がボールを持った時点で周りの選手が動きだす」攻撃の形を「続けていかないといけない」と強調する。
 第1ステージは、特に黒星が先行した序盤戦を「もったいなかった」と振り返る。2位川崎、6位G大阪、3位浦和との対戦で始まる第2ステージ。リーダーは気を引き締め直した。(加藤伸一)


2016年07月02日土曜日


先頭に戻る