秋田のニュース

女児殺害容疑で母親逮捕、否認

 秋田市のアパートで6月、小学4年の女児(9)が他殺体で見つかった事件で、秋田中央署は1日、殺人容疑でアパートに住む無職の母親(40)を逮捕した。逮捕容疑は6月20日、長女だった女児の首を圧迫し、殺害した疑い。同署によると「よく覚えていない」と容疑を否認している。同署は、責任能力の有無を慎重に調べている。母親は女児と共に倒れた状態で発見され、病院に搬送されていた。


関連ページ: 秋田 社会

2016年07月02日土曜日


先頭に戻る