宮城のニュース

<参院選宮城>ベガサポの若者に照準

 サッカーJ1第2ステージの初戦に合わせ、宮城県選管は2日、ベガルタ仙台の試合が開催されたユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)で啓発活動を展開。ボランティア約30人が、入場ゲート前でチラシやばんそうこう1万5000セットを配布し、投票参加を呼び掛けた。
 参院選で導入される「18歳選挙権」を見据え、ターゲットにしたのは「ベガサポ」の若者たち。県選管職員は「第1ステージ終盤から上り調子のチームにあやかり、投票率もアップさせたい」と期待する。


2016年07月03日日曜日


先頭に戻る