宮城のニュース

<河北レガッタ>Sスカル 斎藤が予選1位

高校女子シングルスカル予選 終盤のデッドヒートを制してトップで通過した石巻の斎藤

 宮城県登米市の宮城県長沼ボート場で競技が始まった第25回河北レガッタ2000は2日、17種目の予選があった。時折、強い風が吹く中、選手たちは力強いオールさばきで水面を滑走した。

 高校女子シングルスカルの斎藤向日葵(石巻)は4分44秒75で予選をトップで通過。高校男子ダブルスカルの佐沼(佐藤慧、永浦響)は3分31秒24で予選B組を1位で突破した。

<「差をつけ優勝したい」>
 高校女子シングルスカル予選で斎藤(石巻)が大槻(佐沼)に競り勝って1位で通過した。タイム差はわずか0秒32。2年生は「最後に差されたと思って不安だった」と内容に納得いかない表情だった。
 高校から競技を始め、多い時で1日17キロほどこいで力を付けている。目標は来年の県高校総体を制し、地元開催されるインターハイに出場すること。そのためにも、「決勝は自己ベストの4分32秒を更新し、差をつけて優勝したい」。名前の向日葵(ひまわり)のように、大輪の笑顔があふれるレースを目指す。


2016年07月03日日曜日


先頭に戻る