宮城のニュース

<楽天>打線つながり4位再浮上

3回東北楽天2死一、三塁、ウィーラーが左越えに逆転の3点本塁打を放つ。捕手岡田=コボスタ宮城

 東北楽天は勝負どころで打線がつながり、5月15日以来の4位に浮上した。0−3の三回、藤田の右前適時打とウィーラーの3ランで逆転。六回には藤田の2点三塁打などで3点を加えた。先発美馬は二回に4連打で3点を失うも、その後六回まで無得点に抑えて6勝目。七回以降は3投手の継投で逃げ切った。
 西武は今季初の6連敗で5位に後退した。

 東北楽天−西武13回戦(東北楽天7勝5敗1分け、14時1分、楽天Koboスタジアム宮城、21,506人)
西  武030000002=5
東北楽天00400300×=7
(勝)美馬13試合6勝2敗
(敗)野上16試合2勝7敗
(本)ウィーラー16号(3)(野上)=3回

☆梨田の話ダ
<貴重な盗塁>
 「捕手の二塁送球がいい球だったからアウトかと思ったんだけど。スピード感ある盗塁で貴重だった」(六回、1死から四球で出塁し二盗を決めて3得点の流れを呼び込んだオコエを評して)

<ピンとこない>
 「4位になったと言われてもピンとこない。ずっと最下位の気持ちで戦ってきたから。今後も目の前の試合を戦う気持ちしかない」(4位浮上の感想を聞かれて)

☆イヌワシろっかーるーむ
<池山隆寛打撃コーチ(7得点の打線に)>
 「よくつながった。ウィーラーも外国人野手一人の状況でよくやっている。期待に応えてくれていてうれしい」

<オコエ瑠偉外野手(六回に四球で出塁し二盗)>
 「スタートは良くなかったが、クイック投法がうまい小石投手から盗塁できたのは自信になる」


2016年07月03日日曜日


先頭に戻る