宮城のニュース

<河北レガッタ>仙台大がトップ通過

 2日、宮城県登米市の宮城県長沼ボート場(2000メートル、8レーン)で競技が始まった。高校、一般・大学、壮年の3部門17種目の予選と敗者復活戦が行われた。
 一般・大学男子ダブルスカルは仙台大(村上和貴、広野凌大)が3分33秒86で予選をトップで通過。一般・大学男子エイトは仙台大Aが3分0秒56のトップのタイムを出した。高校男子のかじ付きクオドルプルは佐沼B(宮城)が3分40秒88で予選を1位で突破した。
 最終日の3日は、午前9時半から17種目の決勝が行われる。


2016年07月03日日曜日


先頭に戻る