宮城のニュース

<河北レガッタ>先輩の五輪出場、刺激に

一般・大学男子ダブルスカル予選 1位のタイムで予選を通過した仙台大の村上(右)・広野ペア

 一般・大学男子ダブルスカル予選は、仙台大の村上、広野ペアが1位。息の合ったオールさばきで飛び出し、2位に15秒以上の大差をつけた。広野は「計画通りのレースができた」と笑顔で振り返る。
 2年生の広野と1年生の村上は2週間ほど前にコンビを組んだばかり。フォームをビデオで確認するなど連動に磨きを掛ける。卒業生で、一緒に練習する大元(アイリスオーヤマ)がリオデジャネイロ五輪の男子軽量級ダブルスカルに出場するのも刺激になった。
 「フォームがきれいでオーラもすごい」と、大元にあこがれる村上。後に続くため、先輩も過去に出場した大会で奮闘を誓う。


2016年07月03日日曜日


先頭に戻る