宮城のニュース

<スポ少野球南東北>常磐が12度目優勝

決勝 名取コンドルズ−常磐軟式野球 本塁上での激しいクロスプレー

 第38回全国スポーツ少年団軟式野球交流大会南東北大会が2日、宮城県蔵王町の蔵王球場であり、常磐軟式野球(いわき市)が8年ぶり12度目の優勝を果たした。
 宮城県の代表2チーム、山形県と福島県の代表各1チームが出場し、トーナメント戦を実施。決勝は一回裏、四球を足掛かりに一挙4点を挙げた常磐軟式野球が手堅い攻守で試合を優位に進め、8−1で名取コンドルズ(名取市)に五回コールド勝ちした。
 常磐軟式野球は8月5〜8日、滋賀県で開催される全国大会に出場する。

▽1回戦
中山ジュニア野球(山形県中山町)
   0041000=5
   402202×−=10
名取コンドルズ(名取市)
(中)奥山、土屋−土屋、奥山
(名)遠藤、中野−山田、遠藤

青山ベースボールク
   0000010=1
   310003×=7
常磐軟式野球(いわき市)(宮城県利府町)
(青)対馬温、小野−斉藤
(常)手塚−瀬谷天

▽決勝
名取コンドルズ
   10000=1
   40013=8
常磐軟式野球
(五回コールドゲーム)
(名)遠藤、山田−山田、遠藤
(常)北郷−瀬谷天


2016年07月03日日曜日


先頭に戻る