福島のニュース

<リオ五輪>自転車・窪木選手 知事を表敬

大会への意気込みなどを語った窪木選手(右)

 自転車トラック種目でリオデジャネイロ五輪の日本代表に選出された福島県古殿町出身の窪木一茂選手(NIPPOヴィーニファンティーニ、福島・学法石川高−日大出)が1日、福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事に大会への意気込みを語った。
 窪木選手は8月14、15日(日本時間15、16日)の2日間でトラック6種目を行う男子オムニアムに初出場する。「家族や地元の皆さんのおかげでここまで来られた。世界で福島の力を見せつけたい。金メダルを目指して頑張る」と抱負を述べた。
 窪木選手からサイン入りユニホームを受け取った内堀知事は「県民全体で応援する。最大限の力を発揮してきてほしい」とエールを送った。窪木選手の父茂さん、岡部光徳古殿町長が同席した。


2016年07月03日日曜日


先頭に戻る