宮城のニュース

<投票いいね!>適した投票法導く

シールズ作成の投票ガイド。フローチャートで自分に適した投票の仕方が分かる

◎18歳選挙権・関心アップ作戦(2)SEALDs作成のガイド

 「2014年の衆院選で20代の投票率は32.6%」「私たちの1票には政治を変える力があります」
 昨年、一世を風靡(ふうび)した学生らによるグループ「SEALDs(シールズ)」が若い世代向けの投票ガイドを作成し、1票の行使を呼び掛けている。
 A4判を四つ折りにしたガイドの特徴は、投票のためのフローチャートが付いている点だ。「今住んでいる所に3カ月以上住民票を置いている」をスタートに、YESかNOで答えていくと、「投票日に投票」「期日前投票」「不在者投票」「以前住んでいた自治体に問い合わせを」と四つの項目に導かれる。
 仙台で投票ガイドを配布するシールズ東北の東北大3年久道瑛未さん(20)は「最初の国政選挙で全人口に占める有権者の割合はわずか1.13%だった。大切な権利と知った上で1票を投じてほしい」と訴える。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月04日月曜日


先頭に戻る