宮城のニュース

<楽天>勢い乗れず 1日で5位逆戻り

9回、西武・中村に勝ち越しの左前打を許し、打球の行方を追う東北楽天・ミコライオ(伊深剛撮影)

 東北楽天は今季初の4連勝で上昇気流に乗るつもりが、1日で5位に逆戻りした。勝負の分かれ目は同点の九回1死二塁。ミコライオは4番中村剛也を内角球で詰まらせながらも、打球は左前に落ち、二走秋山翔吾の生還を許した。「もっと高めを突けば最高だった。相手がうまかった」。しぶとく適時打にした中村が一枚上手だった。
 その前に、1死一塁から秋山に二盗を決められたのが悔やまれる。ミコライオの投球フォームが大きいとはいえ、バッテリーは出塁直後にけん制球を入れても二盗を防げなかった。足立祐一は送球がベストなら刺せたと反省し「自分のミス」と相棒をかばった。
 打線は一回に幸先良く3点を先取したが、その後は無得点。先発戸村健次は6四死球の乱調ながら、5回3失点とリードは許さなかった。続く金刃憲人、青山浩二、福山博之が無失点でつないだだけに、三〜五、七回の得点機で一打が出れば、勝利はたぐり寄せられた。「守備から攻撃のリズムをつくれなかった。あと1、2点でも追加点が取れていれば」と梨田昌孝監督も残念がった。
 次は10連勝中と絶好調の日本ハムが相手。こちらも連勝の勢いで臨戦態勢に入れなかったのが何とも痛い。(佐々木智也)


2016年07月04日月曜日


先頭に戻る