山形のニュース

朝露に濡れ 紅花摘む

早朝の紅花畑で収穫を体験する参加者

 映画「おもひでぽろぽろ」の舞台となった山形市高瀬地区で1日から、紅花の朝摘み体験が行われている。4日まで。
 山形の夏を彩る紅花の魅力を知ってもらおうと、「ほほえみの宿 滝の湯」など天童市のホテル、旅館9軒が宿泊客向けに企画した。
 2日は宿泊客ら8人が参加した。午前6時半ごろ畑に到着し、朝のすがすがしい風を感じながら紅花を収穫。宿では紅花を使ったフラワーアレンジメント体験もあった。
 昨年に1日限定で開催したところ好評だったため、今年は4日間実施。来年も開催する方針だという。
 参加した仙台市泉区の60代主婦は「紅花の摘み取りは初めての体験。この企画のおかげで朝の時間を有意義に使えた」と喜んだ。


関連ページ: 山形 社会

2016年07月04日月曜日


先頭に戻る