宮城のニュース

<投票いいね!>授業風に内容凝縮

仙台市選管が作成したDVD「はじめての選挙講座」の一場面(中央)とディスク

◎18歳選挙権・関心アップ作戦(3)仙台市選管がDVD作成

 「学校生活の思い出は? 入学式、文化祭、体育祭、修学旅行。一つ忘れてませんか。『選挙』です」
 やや強引に始まるDVD「はじめての選挙講座」。参院選で18歳選挙権が導入されたのに伴い、仙台市選管が作成、6月上旬に市内の公私立高43校に配布した。
 市選管が市内の高校で実施している出前授業の内容を約17分に凝縮。投票の方法や候補者情報の集め方など6項目を6時間目までの授業風に進め、イラストで分かりやすく解説している。
 「投票所に一番乗りすると投票箱の中を確認できる」「投票同数ならくじ引きで当選者を決める」と豆知識も紹介。充実した内容の割にディスク自体は白無地で地味なのが惜しい。
 DVDは市選管の啓発キャラクター「てとりん」が登場して締めくくられる。誕生から約10年たつが知名度は低い。若者の低投票率とともに向上をもくろむ。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月05日火曜日


先頭に戻る