宮城のニュース

サクサク食感「干し蟹」ネット販売開始

パッケージにカニの写真を使った「干し蟹」

 南大西洋ナミビア沖でマルズワイガニを捕獲し「かに物語」ブランドで加工販売するカネダイ(宮城県気仙沼市)は、独自製法で乾燥させた「干し蟹(がに)」のオンラインショップ販売を開始した。
 マルズワイガニはしっかりと詰まった甘味の強い身と、殻からでるうま味が特徴。ほぐした身を調味せず、そのまま干し上げて素材を生かした。
 サクサクした食感で、酒のつまみやおやつに向いているほか、湯で戻し、だし汁にも使える。
 内容量は10グラムで希望小売価格420円(税別)。気仙沼市の海鮮市場「海の市」内の直営店やJR仙台駅の土産物店などで販売している。連絡先は(0120)956589。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月05日火曜日


先頭に戻る