広域のニュース

<都知事選>増田氏が出馬に前向き

増田寛也氏

 東京都知事選(14日告示、31日投開票)を巡り、前岩手県知事の増田寛也氏(64)は4日、東京23区の特別区長会有志から立候補の要請を受け、「重く受け止めている。都政の課題や、どんな解決策があるのかをきちんと考えたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。
 増田氏は都内のホテルで、区長会会長の西川太一郎荒川区長ら5区長と会談。西川氏が「23区の区長のうち21人が増田さんを支持している。決断してほしい」と訴えた。
 増田氏は「岩手県知事や総務相として実務を重ねてきた。これまでの(都知事選)ように知名度や人気取りではいけないと思う。皆さんの期待に沿えるかどうか熟慮した上で、判断したい」と述べた。
 区長会の関係者は「増田氏は与野党が相乗りできる候補なので望ましい」と指摘。都政は区政運営にも影響するため、「区長会としての意思を伝えるべきだと考えた」と説明した。
 自民党都連の候補者選びは、増田氏と小池百合子衆院議員(63)を軸に進んでいる。小池氏は4日、都連会長の石原伸晃経済再生担当相と5日に会談する予定を明らかにし「推薦をお願いしている。ぜひ認めていただきたい」と話した。
 民進党は長島昭久元防衛副大臣に出馬を求める声もあるが、候補者の選定は都連会長の松原仁衆院議員に一任されたという。


関連ページ: 広域 政治・行政

2016年07月05日火曜日


先頭に戻る