福島のニュース

<参院選福島>用紙交付ミス 二重投票

 福島県郡山市選管は3日、参院選の期日前投票で、投票を済ませた女性(87)に誤って投票用紙を再交付し、二重投票をさせるミスがあったと発表した。他の票と混じって特定できないため、2回の投票をいずれも有効として扱う。
 市選管によると、女性は6月23日に市内で期日前投票を済ませ、3日午後に再び同じ投票所を訪問。担当の臨時職員が選挙端末のパソコン画面で「投票済み」表示を確認したが、事務処理ミスと思い込み、福島選挙区用と比例代表用の投票用紙計2枚を交付した。同日の集計作業で計算が合わず、二重投票が発覚した。


2016年07月05日火曜日


先頭に戻る