宮城のニュース

<参院選宮城>候補者選択 公約重視が最多

◎河北新報社世論調査

 候補者を選ぶ基準は「公認する政党・政党の公約」が27.9%で最も多かった。40代男性では半数を超える62.3%、10代女性も42.9%が挙げた。
 「候補者の人柄や経歴」を選択したのは26.6%。10代男性の50.0%、70歳以上女性の42.4%に上った。「候補者の政策」が24.2%で続いた。
 「政党の推薦や支援」(5.3%)、「業界・団体の推薦や支援」(2.9%)はいずれも少数にとどまった。


2016年07月06日水曜日


先頭に戻る