宮城のニュース

特産ブルーベリー味覚新鮮 18日までフェア

ブルーベリーを使ったスイーツを試食する園児ら

 富谷町特産のブルーベリーを使った創作スイーツを町内のケーキ店などが期間限定で一斉販売する「とみやブルーベリースイーツフェア」が5日始まった。18日まで。
 特産品PRと消費拡大を狙ったフェアは今年で7回目。4日に成田公民館であった開始式では、フェアに参加する町内11店がフェアに合わせて開発した大福やタルト、ムースなど計31種のスイーツが並んだ。
 試食会も併せて開催され、生産農家や富谷幼稚園の園児ら約100人が味わった。参加者からは「ブルーベリーの酸味が生クリームとよく合う」「出来栄えが涼しげで目でも楽しめる」などの声が上がっていた。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月06日水曜日


先頭に戻る