宮城のニュース

夏の夢かなうかな サマージャンボ宝くじ発売

夢をつかもうと人々が訪れた宝くじ売り場=6日午前10時15分ごろ、仙台市青葉区のマーブルロードおおまち

 1等と前後賞合わせて7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」が6日、全国で一斉に発売された。宮城県内では約170カ所で売り出され、午前9時の販売開始から宝くじファンが駆け付けた。販売は29日まで。
 仙台市青葉区のみずほ銀行仙台支店の売り場では、せんだい・杜の都親善大使の堀米愛さん(25)らが宝くじをPRした。20枚購入した青葉区の会社員鈴木美輝さん(48)は「当たったらマンションを買いたい。今回は当たる気がする」と期待を膨らませた。
 当せん本数は1等(5億円)が23本、1等の前後賞(1億円)46本、2等(1000万円)92本など。「サマージャンボミニ7000万」も同時発売され、1等(7000万円)120本、2等(100万円)480本など。
 いずれも1枚300円で抽せんは8月9日、大阪市内である。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月06日水曜日


先頭に戻る