宮城のニュース

<楽天>今江 冷静さ保ち3安打

4回東北楽天2死一、三塁、今江が同点の中前適時打を放つ

 3日の西武戦で1軍復帰したばかりの東北楽天の今江敏晃が、適時打2本を含む3安打と気を吐いた。「打ちたいとガツガツした気持ちを抑えたのが良かった」と、冷静さを保って打席に入ったことが奏功した。
 二回の適時打は1死三塁で三遊間を鋭く破り、四回は2死一、三塁から中前にしぶとく運んだ。九回は左前打で締めくくり、「詰まってもヒットになるのはいいポイントで打てているから」と手応えを口にした。
 1軍復帰後は8打数5安打、打率6割2分5厘と絶好調で着実に状態は上向いているようだ。


2016年07月06日水曜日


先頭に戻る