山形のニュース

くまモン元気にな〜れ 田んぼアート見頃

熊本地震の被災地の復興を願う田んぼアート=尾花沢市の尾花沢小北側

 山形県尾花沢市の旧名木沢小東側と尾花沢小北側の2カ所の田んぼアートが見頃を迎えた。
 旧名木沢小東側は、地域おこしグループ「福原ふるさと塾」が2013年から手掛け、今年で4年目。50アールの水田に同市出身の脚本家・作家のあべ美佳さんが作った物語「スイカ太郎」を題材に、古代米や、つや姫など7種類の稲を植えて描いた。
 尾花沢小北側は、地元自治会や尾花沢小が、4月の熊本地震からの復興を支援しようと初めて挑戦。10アールの水田に熊本県と同市のPRキャラクター「くまモン」と「雪ごろう」を表現した。近くの喫茶店「胡桃(くるみ)の木」に募金箱がある。
 9月下旬まで楽しめる。連絡先はふるさと塾の石川政伊さん090(3469)8342。


関連ページ: 山形 社会

2016年07月06日水曜日


先頭に戻る