宮城のニュース

<参院選宮城>「天敵」がむしゃらに全国行脚

 ○…「安倍晋三首相の天敵」を自任する社民党の福島瑞穂副党首。仙台市中心部の商店街でマイクを握り、「憲法を殺すのか。人権を紙くずにする気か」「世襲貴族議員が俺様の俺様による俺様のための政治をやっている」などと、首相に向けて次々に毒舌を浴びせ掛けた。
 社民は福島氏を含めた改選2議席の確保が厳しい。崖っぷちから脱しようと、がむしゃらに全国行脚を続ける。「福島がいない国会はさみしい、なんてね」と、街頭でちゃめっ気たっぷりの笑顔も売り込んだ。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月07日木曜日


先頭に戻る