宮城のニュース

<いちおし土産>酢豚

下ごしらえから工夫を凝らした酢豚。持ち帰り時はパック詰めしてくれる

◎孔府家宴(仙台市泉区)/さっくりジューシー

 仙台市地下鉄南北線泉中央駅の駅ビル、スウィングに入居する中華料理店。定食類がほぼ800円台とリーズナブルに本格中華が楽しめ、ランチやディナーの時間帯は若い女性客らでにぎわう。
 スープ以外は持ち帰りが可能で、対応するメニューは50を超える。中でもオーナー陳友鴻さん(36)のお薦めは酢豚だ。
 「コックは中国のホテルで修業経験があり、香辛料や調味料も中国産を取り寄せている。酢豚はさっくりした食感とかんだ時のジューシーさが格別。本場の味だから、食べてもらうと違いが分かる」と自信をのぞかせる。
 福建省出身の陳さんは14年前に来日。神戸や横浜で学び、3年前に仙台に孔府家宴(こうふかえん)をオープンした。和洋中の料理を食べ比べ味に磨きを掛ける日々。「麻婆(マーボー)豆腐も口にしたらイメージが変わる。辛さが違うよ」

[メモ]酢豚は830円(税抜き)。店舗で直接注文できるが、電話予約も可。営業時間は午前11時〜午後10時(午後3〜5時休業)。連絡先は022(341)6808。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月07日木曜日


先頭に戻る