宮城のニュース

<高校野球>C・Dブロック仙台育英と東北が軸/目指せ甲子園(下)

 第98回全国高校野球選手権宮城大会は9日、仙台市宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城で開幕し、72チームが甲子園出場を懸けて熱戦を展開する。優勝争いは第1〜3シードの私立勢、東陵、東北、仙台育英が軸となることが予想され、柴田、仙台商などの公立勢が追う。組み合わせをA〜Dの4ブロックに分けて大会を展望した。

 Cブロックは昨夏の覇者で第3シードの仙台育英を軸に、春の県大会8強の仙台三、機動力がある聖和学園などが追う。
 仙台育英は速球派右腕の主戦中島をはじめ、194センチの長身右腕鈴木、2年生左腕長谷川らを擁し、投手陣の層が厚い。中島は県大会の防御率が1.80で、4強入りした東北大会は16回を無失点。打線も切れ目がない。5番斎田は東北大会の打率が4割を超え、4番福山は長打力がある。
 仙台三は県大会1、2回戦をともに延長十回で制した。攻撃に粘り強さを発揮しただけに、失策が目立った守備の修正が鍵だ。聖和学園は県大会1回戦で6盗塁を決めた足が武器で、好カードとなった古川学園との初戦が注目される。
 Dブロックは第2シードの東北が優位に立つ。県大会8強の東北学院榴ケ岡は勢いづけば怖い存在。昨夏4強の石巻も地力がある。
 東北は県大会で準優勝し、東北大会は仙台育英と県大会覇者の東陵を連破して優勝し、名門復活を印象づけた。変化球に切れがある主戦左腕渡辺は東北大会で13回を投げ、防御率が2.77、3番打者としても打率4割3分8厘と活躍した。投手陣は右腕北條、左腕深町らが控え、駒がそろう。
 昨夏4強の東北学院榴ケ岡は4番斎藤勁、5番藤井らが並ぶ打線が力強く、守りは主戦左腕吉田ら3投手の継投でしのぐ。石巻は球威のある直球やスライダーで打ち取る主戦右腕小林が、どこまで試合をつくれるかに懸かる。


2016年07月07日木曜日


先頭に戻る