青森のニュース

<参院選青森>山崎氏わずかにリード

 ◇青森選挙区立候補者(1―3)13自10自
山崎  力69 前予算委員長 自額現(3)(公推)
三国 佑貴31 幸福実現党員 諸 新
田名部匡代47 党県代表代行 民 新(社推)

 山崎(自現)が序盤の横一線からわずかに抜け出し、田名部(民新)が猛追する。終盤に入り、依然として緊迫した接戦が続いている。
 山崎はアベノミクスの成果など政権与党の実績を強調し、序盤以降、支持を積み増す。県内の衆参議席を独占する党県連は徹底した組織戦を展開。中盤以降も団体、企業を丹念に回り、票固めに余念がない。三村申吾知事も支援に回る。
 党本部は最重点区と位置付け、閣僚や党幹部を投入。6日には安倍晋三首相が3度目の応援に入った。陣営は最終盤、青森、弘前など津軽地方に照準を定め、票の上積みを狙う。
 田名部は政権の経済政策を批判し、疲弊した地方の再生を前面に打ち出す。共闘する共産、社民両党の支持層に浸透し、無党派層の支持も厚みを増す。農相を務めた父匡省からの地盤である八戸市では優勢な戦い。課題だった津軽地方でも着実に浸透している。
 最終盤に向け岡田克也代表が3日に3度目の県内入りをするなど、党本部も議席奪取に必死。陣営は小まめに街頭活動を展開し、無党派層の支持拡大を急ぐ。
 三国(諸新)は広がりを欠く。

[名簿と情勢の見方]文中敬称略。氏名(敬称略)は本名の漢字書き。芸名などが広く通用している場合は通称名を使用。年齢は投票日10日基準の満年齢。
 ▽選挙区 前回や前々回から改選数増減や合区の新設があれば選挙区名の下に表記した。選挙区名左のかっこ内は改選数−立候補者数。続いて前回2013年(13)、前々回10年(10)の当選者の党派を得票順に記載した。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、党派、自民党派閥、現元新別、当選回数。推薦・支持があれば次行に示した。立候補者の並べ方は届け出順。愛知の奥田香代氏は「おおさか維新の会」も公認。東北以外の10増10減の対象区は  。
 ▽比例代表 党派名の次のかっこ内はその立候補者数。続いて前回(13年)、前々回(10年)の当選者数。立候補者の行は氏名、年齢、肩書、自民党派閥、現元新別、当選回数。党派の並べ方は参院勢力順。政党要件を満たさない政治団体は届け出順。立候補者の並べ方は党派が届けた名簿順。

[党派の略称]自=自民党 民=民進党 公=公明党 共=共産党 お=おおさか維新の会 社=社民党 生=生活の党と山本太郎となかまたち 日=日本のこころを大切にする党 改=新党改革 諸=諸派 無=無所属
2013年、10年当選者の「ミ」は民主党、「み」はみんなの党、13年当選者の「い」は日本維新の会。

[自民党派閥略称](細)=細田派 (額)=額賀派 (岸)=岸田派 (麻)=麻生派 (二)=二階派 (無)=無派閥 空白は所属未定


2016年07月07日木曜日


先頭に戻る