山形のニュース

<東北公益大>酒田お薦め飲食店 マップ制作

「酒田口コミまっぷ」を作った甲斐さん

 東北公益文科大の学生が山形県酒田市民の薦める地域の飲食店をまとめたガイドマップ「酒田口コミまっぷ」を作った。150人から回答が寄せられた市民アンケートを基に、名物料理や店主の人柄など知る人ぞ知る口コミ情報を盛り込んだ。
 データとして保存しており、フルカラー30ページ。同大のホームページ(HP)などで閲覧できる。市内の主な飲食店80店を五十音順に掲載。営業日時や価格帯をはじめ、客層や店内の雰囲気、看板料理など初めて訪れる観光客が知りたい情報をまとめている。
 作ったのはJR酒田駅などで観光振興プロジェクトに取り組む学生有志グループ「酒田おもてなし隊」メンバーで、ともに3年の甲斐菊乃さん(21)と梅津沙耶さん(21)。
 グループの活動では、観光客からお薦めの飲食店を聞かれる機会が多い。「メンバーには未成年もいて、うまく説明できなかった」と甲斐さん。「酒田の魅力を伝えるため、私たち自身が知らなくてはならない」と思い、制作に着手した。
 昨年5月、JR東日本や農協、酒田市の職員ら市民400人を対象に飲食店に関するアンケート用紙を配布。回答した150人の記述を頼りに1軒ずつ対面や電話で情報を補足し、掲載許可を得た70店舗と公益大生のお薦めの10店舗を収録した。
 マップは、おもてなし隊のHPでも閲覧可能。今後、印刷物にして酒田駅や庄内空港などに置く予定だ。
 甲斐さんは「酒田にこんなに多くの魅力的な店があることを編集作業を通じて知った。口コミ情報や掲載店の数をさらに増やしたい」と話す。


関連ページ: 山形 経済

2016年07月07日木曜日


先頭に戻る