福島のニュース

<ハワイアンズ>火の演舞観客沸く

単独ダンスショーを披露する「シバオラ」

 いわき市の温泉レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」で3日夜、火を回して踊る国内唯一のファイヤーナイフダンスチーム「シバオラ」の7人が初の単独ダンスショーを上演し、詰め掛けた観客から喝采を浴びた。
 サモア語で「強い踊り」を意味するチームは、今年4月に結成。練習を重ねながらフラガールのショーでソロ主体の演舞を披露してきたが、この日からチームとしてのプログラムが始まった。
 ポップミュージックに合わせて約10分間、迫力ある踊りを披露。4月に兄弟で入社した埼玉県秩父市出身のバル憂弥さん(22)=本名・松島憂弥=とムア史弥さん(18)=同・松島史弥=ら新人ダンサー3人も、先輩たちに交ざって初舞台を踏んだ。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月07日木曜日


先頭に戻る