広域のニュース

<名古屋場所>宝富士三役復帰狙う

 大相撲名古屋場所は10日、愛知県体育館で初日を迎える。東北出身力士では、三役復帰を狙う宝富士(青森)や新入幕から2場所目となる錦木(岩手)に注目が集まる。
 宝富士は東北出身で最高位の西前頭2枚目。前頭筆頭で迎えた先場所は、2勝7敗から4連勝し土俵際で踏ん張ったものの負け越した。初日から3連敗とつまずいたのが結果的に響いた。小結だった3月場所でも2日目から6連敗を喫しているだけに、序盤の出来が鍵を握りそうだ。
 錦木は西前頭14枚目。幕内定着のためにも勝ち越したい。先場所は初日から3連勝と健闘したが、中盤以降は失速。7勝8敗に終わった。強気の押しで立ち向かいたい。
 豪風(秋田)は4枚上げて西前頭8枚目。先場所、千秋楽で遠藤を破り、辛くも2場所ぶりに勝ち越した。得意の突きと押しで今場所も粘り強く戦いそうだ。
 5月場所でアキレス腱(けん)断裂の大けがを負って途中休場した関取最年長の安美錦(青森)は10枚下げて西前頭13枚目。玄人好みの熟練の技の復活を期待したい。


関連ページ: 広域 スポーツ

2016年07月07日木曜日


先頭に戻る