青森のニュース

<青森県警>男性警部がパワハラで自殺か

 青森県警の50代の男性警部が今月、「パワハラ」などと書いたメモを残して首をつって死亡していたことが7日、警察関係者への取材で分かった。県警は現場の状況から自殺の可能性が高いとみて、関係者への聞き取りを進めている。
 警察関係者によると、男性警部は県警本部の所属。5日朝、出勤時間になっても姿を見せなかったため、家族が部屋に入り、死亡している警部を見つけた。かばんからは上司の肩書と「パワハラ」と書いたメモなどが見つかっている。
 県警監察課は「亡くなったのは事実。原因は調査中で何もコメントできない」としている。


関連ページ: 青森 社会

2016年07月08日金曜日


先頭に戻る