宮城のニュース

地域の女性リーダー育成 仙台市が研修事業

 仙台市とせんだい男女共同参画財団は、女性が地域活動でリーダーシップを発揮するための知識や手法を学ぶ研修事業「女性と防災まちづくり 決める・動く2016」を7〜12月、青葉区のエル・パーク仙台で初めて実施する。
 研修は月1回のペースで全7日間。自分の強みを生かす方法や提案に説得力を持たせる論理的思考などについて、コーチングの専門家やキャリアアドバイザーらの講義を受け、グループ討論する。
 8月27、28日には南三陸町の南三陸ホテル観洋で宿泊研修を実施。東日本大震災で津波被害を受けた沿岸部で活動する女性グループと交流し、町内の復興状況を視察する。
 研修を受けられるのはNPOや町内会、PTAなどに所属しているか、今後地域活動を始めたいと考えている女性で、定員20人。宿泊費を含む参加費は1万5000円。
 希望者は財団のホームページなどから入手できる申込書を7月21日までに郵便かファクス、電子メールで送る。連絡先はエル・パーク仙台022(268)8300。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月09日土曜日


先頭に戻る