宮城のニュース

<楽天>オコエ、先制劇の口火

 東北楽天のオコエは三回の先制劇の口火を切った。1死から左前打で一塁に出ると、続く岡島の左中間二塁打で一気にホームを踏んだ。
 「和田さんのボールにうまくタイミングを合わせられたし、(走塁も)いけると思って走れた。9番としての働きができたと思う」。仲のいい先輩・聖沢とそろって勝利に貢献したとあって、試合後はご機嫌だった。


2016年07月09日土曜日


先頭に戻る