宮城のニュース

<仙台L>有町 復帰戦へ気合

7日の紅白戦で前線に駆け上がる有町

 川村、佐々木繭と共に、6日に女子日本代表に選ばれたばかりの有町が、自身にとってカップ戦初陣となる長野戦で活躍を誓う。約1カ月前の負傷離脱から復帰する一戦を前に「勝つことを一番に意識して戦いたい」と意気込む。
 リーグ戦でチームトップタイの4得点だが、6月初めの練習中に右太ももを痛めた。その後、カップ戦で奮闘する仲間たちを「(日本代表として米国遠征に参加した川村、佐々木繭の)2人がいなくても粘り、誰が出ても変わらずに力を発揮した」と見守ってきた。
 1週間前、練習に合流し状態を上げてきた。途中出場の可能性がある長野戦に向けて気合十分。直近の新潟戦で今季初ゴールを挙げ、2トップを組むことが予想される井上との連係を意識し、「ゴール前でお互いを生かせるよう、長野戦では近くでプレーしたい」と思いを巡らす。
 同じ日本代表FWでスウェーデン遠征を控える長野の横山は、リーグ戦を含むチーム33得点中19得点と圧倒的な存在感を示す。「いい刺激になるし、参考にしたい」と敬う一方、「負けられない」と闘志を燃やす。前線から圧力をかけてくるであろう相手守備を「駆け引きの中でかわす」決意だ。(加藤伸一)


2016年07月09日土曜日


先頭に戻る